TsukasaTomoyose BLOG TsutaBlo.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--)|
  2. スポンサー広告

オリジナルアダプタを作る!!おまけの話し


バンドを止めるのに必要なバネ棒が無かったので、近所の時計屋さんへ。
「すいませ~ん」と店内に入るが誰もいない。
「不用心だなぁ」と思いつつも店内で時計を見ながら待つことに。
5分くらい待っても戻る気配がなかったので帰ろうと振り返ると、店の外に突っ立って
「なんねぇ(^ω^)?」とニヤける老人。そう!コヤツが店主。

「・・・なんねぇ?じゃなくて(汗)」と思いつつも「バネ棒ありますか?」と尋ねると
「時計屋~だのにあるさぁw何ミリね?」とバネ棒を探しながらオレをジロジロ見る店主。
「・・・なに?オレがなんか盗んだと思ってんのか?ジジィ!」と思いながら待ってると、
「あんた、絵ぇ描いてる人ねぇ?」と尋ねて来た。
「あぁ、はい。なんで分かるの?」と返すと、「あんたの顔、新聞とかテレビで見たことあるさぁ。
パルミラ通りの絵もあんたか?」と続けて店主。
「そうですねぇ」と言うと、食い気味に「コザ十字路のもね?」と
何百回も勘違いされている質問。
「あぁ、よく聞かれるけどあれは違うんですよ」と答えると「・・・あんた、友寄さん(´・ω・`)?」と、
稲川淳二っぽい問い掛けに「このジジィ!オレのことどこまで知ってるばぁ?」と恐怖を感じ始める(汗)
そうこうしているうちにバネ棒がみつかり、細かいのがなかったので千円で支払おうとすると
「小銭はない?あぁ、じゃぁ今度来たときでいいさぁ(^ω^)」と言われた。
しかし、そうもいかないので一旦アトロンへ戻って小銭を用意し再び時計屋さんへ。
すると店主は「わざわざ持ってきたの?ありがとうねぇ。頑張ってよ☆」と笑顔でウートートーポーズ。

ごくごく普通のことだけど、双方事務的で必要以上の会話も少なくシステマチックな昨今、
人間味を感じてなんとなくホッコリした瞬間でした☆

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

  1. 2016/09/24(土)|
  2. watch
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad